Translate

2018年3月18日日曜日

道端の絶景

何気なく車を停めてるところから撮った夜空がとても綺麗なことが多々ある。
電線も標識も気にしない。
ただただそこの夜空が綺麗だったから残しておきたかったんだ。
まだ冷たい空気の冬の終わりの頃。
またひとつ、心に刻み込む景色。

北海道富良野市



こう長く撮らない時期が続くと、ちょうど撮影について色々と考える時間ができて良いですね(^^)
最近は写真を公開して、ただどこかにフューチャーやシェアされて拡散、フォロワーが増えると言うのがややどうでも良くなりつつあります(嬉しいのは嬉しいですがw)
それより、何を撮りたいか。何を残したいか。その方が大切だなぁとしみじみ思います。
だれかの真似じゃなく、ただ自分が見て記憶に残った一瞬を一枚の写真に残す。
そしてそれが自分の生きた足跡になる。
たとえ今ここでいきなり人生の全てが終わったとしても、撮った写真達はそのまま生き続け、自分がそこに居た証明になる。
元々はそれが目的で再開した写真。
そしてその中でもたくさんの星を見ることができる夜空を残していければいいなと思って夜に撮るようになりました。
そのことを忘れてはいけないなと思うのですよね(^^)
ただ人気だからとか、そんな薄っぺらいものじゃない写真を一枚でも多く残していきたいものです(^^)

ちょっと飲んでから書くとなんか文章がちゃんとしてるかわかりませんが、とりあえずそのままにしておきます(笑)